真菌の正体とは? | カンジダ症はカネステンクリームで治療をしよう。
「カンジダ症はカネステンクリームで治療をしよう。」のイメージ画像
葉っぱと薬

真菌の正体とは?

カネステンクリームを使用することによって非常に簡単に治療することが出来るカンジダ症……この症状を発症させる原因となる菌は、常在菌と呼ばれる菌です。
この常在菌というのは生物の体内に存在している菌で、普段は特に何か悪さをするということはありませんが、何かしらの原因で常在菌の数が異常増殖を起こしてしまった場合、このカンジダ症という症状を発症してしまうのです。
そして、このカンジダ症の原因となる常在菌は真菌と呼ばれる種類の菌なのですが、皆さんはこの真菌……という言葉に聞き馴染みはありませんか?

実はこの真菌というものは、私達の生活に非常に馴染み深い菌なのです。
それが一体何なのか……というと、お酒を飲むときに食べると美味しいカマンベールチーズやブルーチーズ……このチーズを作る際に必要になる白カビや青カビ、これが真菌と呼ばれる菌なのです。
つまり、このカンジダ症の原因となる真菌というのは、カビの一種なのです。

そのため、カンジダ症というのは言い方を変えると性器に対してカビが生えてしまうことによって発症する病気ともいうことが出来るのです。
誰だって身体にカビが生えるのは嫌なものです、なのでもしカンジダ症になってしまった時には、身体にカビが生えたまま放置するのではなく、きちんとカネステンクリームのような治療薬を使用して症状を沈静化させ、治療を行っていきましょう。